3年以内がチャンス

貿易事務資格

国際取引出来る力

これから東京オリンピックに向け日本は経済が盛り上がると言われています。そこに向けて転職やビジネスを立ち上げたり模索している人が増えています。では実際にそんな3年後に向けておすすめの仕事は何かというと「インバウンド」ビジネスです。今回はその中でも「貿易事務」にフォーカスして紹介します。貿易は国際取引するうえで欠かせないものです。ECサイトや中国との貿易が盛んな今、個人で商いを行う人も一般的になってきました。貿易事務は見積やインボイス、パッキングリストの作成、取引先との文化、時差、税率など沢山の知識が必要とされます。経験は少なくとも3年は必要です。素人であればまずは貿易事務の基礎知識を身に着けるために資格を取得することをおすすめします。貿易実務検定もしくは通関士がメインですがTOEICなど英語や他語学のスキルもあるとベターです。国内の取引と違いトラブルは日常茶飯事ですが思いもよらない事が起きた時に臨機応変に対応出来る柔軟さや切り替えが出来るマインドがある人に向いています。資格があると面接でも有利になりますが、この業界は実務がすべてです。実際の取引の中でケースを学んでいきつつミスなく進めていく事で一生の財産になるスキルが身についてきます。これから貿易事務をめざす人は資格を取ったあとどうなりたいのかを考えてみましょう。海外営業、個人ビジネス等勧める道は幅広くあります。商社、船会社など働く場所によって活かせる内容も異なりますので資格の教材でまずは基礎スキルを取得しましょう。